2015年9月1日

【9月末まで10%OFF!】【最短1週間で実装!】WEBのキャンペーンサイトは『おまかせ スパイラル®』で! !



※「スパイラル®」はパイプドビッツ社の登録商標です。

大手ナショナルクライアントのWEBキャンペーンサイト制作実績多数!!
エッセンティア社がお送りする、新サービスをご紹介します!

広告代理店の皆様、「WEBキャンペーン」でお困りではありませんか?


今ならキャンペーン期間につき、9月末まで10%OFFでご提供!
フォームのみなら最短1週間で実装が可能です!

例えば・・・

『デザイン、応募フォーム+管理画面開発で200万?高くて予算にハマらない・・・』

『サイト制作って、制作期間が1ヶ月?どうしよう、間に合わない・・・』

『SNSと連携したキャンペーンって、経験が無くてどうしたら良いかよく判らない・・・』



『短期間のキャンペーンだからって、セキュリティをおろそかには出来ない・・・』

そこで、弊社がご提供する、WEBキャンペーンのトータルパッケージ
『おまかせ スパイラル®』を是非、ご利用くださいませ!

今なら!!!

ご提供価格(定価)の【10%OFF】で販売しております!
※9月30日まで




▼『おまかせ スパイラル®』ご提供の背景

最新の調査では、78%のWEBサイトがセキュリティに何らかの問題を抱えており、
約16%のウェブサイトで危険度の高い脆弱性が検出されています。
※参考資料:出典 2014年ウェブサイト攻撃の傾向と対処方法(シマンテック)PDF

広告代理店様におかれましては、ますます増加傾向にあるWEBキャンペーン施策の際、
多くの場合、お客様の個人情報を取得するシーンがお有りかと存じます。
そこでエッセンティア社では、信頼性が極めて高いパイプドビッツ社のプラットフォーム
「スパイラル®」 を活用することで、個人情報を取得するリスクを最小限に抑え、
同時にコストも抑えた、トータルパッケージをご用意いたしました。

▼『おまかせ スパイラル®』の特徴

・安全…総務省指針をクリアした最高ランクのセキュリティ「AAA」の評価を獲得。
・オリジナルデザイン…画一的なASPのテンプレートではなく、デザイナーが制作。
・マルチデバイス対応…PC・スマートフォン・タブレット型端末に対応。
・豊富なアプリケーション…フォーム、アンケート、メール送信、データベース等をパッケージ化。
・短納期…フォームのみ実装の場合、最短1週間程度でご納品。(デザイン制作後)
・管理画面…クラウドサーバ利用により、応募者情報もらくらく閲覧、ダウンロード。
・独自ドメイン利用…既存HPのドメインの使用が可能。(一部システム側を読み込んで表示)

▼オプション『個人情報漏えい対策セキュリティサービス』のご紹介

エッセンティア社では、さらにWEBサイドのリスクだけではなく、
キャンペーン事務局などの人的オペレーションに潜んでいるリスクの診断も行います。
あらゆるケースのキャンペーンのニーズに合わせたオプションも是非、ご利用くださいませ。

●情報漏えいリスク評価プラン
皆様は、応募フォームから得られた個人情報はどのように管理していますか?
本プランでは個人情報取り扱い業務におけるリスクを識別・評価し、課題を明らかにします。

サービス内容:(提供期間:1ヶ月~)
担当者へのヒアリング、文書や現場の査閲などによって業務プロセスベースの
情報漏えいリスク識別及び評価、改善案の提示を行います。

●個人情報保護体制整備
個人情報保護を取り扱う組織体制、安全管理措置の整備、具体的な改善のためのコンサルティングを行います。
応募フォームを介する個人情報取扱業務及び組織が対象です。

サービス提供方法:(提供期間:3ヶ月~)
現行または新規の個人情報保護規定、安全管理組織規定の整備、役割と責任の明確化、
改善プラン提示等。プライバシーマーク対応、個人情報保護法対応、マイナンバー対応などご相談ください。

※このオプションはエッセンティア社が提携するセキュリティ専門会社が提供します。

—————————————————————————————————————-
■パイプドビッツ社 「スパイラル®」 とは
http://www.pi-pe.co.jp/spiral-suite/apps/form/

WEBサイトのセキュリティ診断で最高ランク「AAA」の評価を得た、
最高水準のアプリケーションプラットフォームです。

「スパイラル®」の主な機能
・フォーム作成機能 (マルチデバイス対応:応募、アンケート機能など)
・メールマガジン機能(メルマガ機能、自動返信機能、配信エラー自動処理など)
・データベース構築(入力情報の自動データベース化、グラフ集計・表示など)
・サーバ設定(独自ドメイン対応、SSL標準装備など)※クラウド型サーバ利用
—————————————————————————————————————-

エッセンティア社では、上記プランに関わらず、柔軟なプラン設計・システム構築が可能です。

WEBキャンペーンのプロフェッショナル、エッセンティア社がお客様のご要望を実現致します!

■『おまかせ スパイラル®』についてのお問い合わせ・資料請求は下記へお願いします。

株式会社エッセンティア

《お問い合わせフォーム》

Mail: sales@essentia.co.jp
TEL : 03-6417-0855
FAX : 03-6417-9807

2014年1月20日

O2Oの販促はスマートフォンから [3] ~ゲームをO2Oに活用~

当社では新たな販促手法として注目の『O2O』メニュー<2nag(つなぐ)>を提供しております。
「イベント集客」「店舗送客」「販売促進」「話題喚起」「ユーザー囲い込み」等の目的を果たす
手段として当社O2Oメニュー<2nag(つなぐ)>をご活用ください。

前回から間が空きましたが、今回はゲームを活用したO2O施策について解説します。

まずは下図をご覧ください。



このケースイメージでは、チェーン店を持つクライアントが「スマートフォンゲームアプリ」
を活用して「ユーザー囲い込み」を狙った場合を想定しました。

1、チェーン店の店頭やHPでゲームアプリのダウンロードを告知(QRコードなど)
2、無料で遊べるゲームアプリをダウンロード、会員登録
3、会員は毎週(または毎月)更新されるゲームをプレイ
4、ゲームの得点やクリアに応じて、クーポンやショッピングポイントをゲット
5、獲得したクーポンやショッピングポイントを使って、お店で買い物
6、プッシュ通知で、次回ゲームへのトライをリマインド

上記のように、定期的に更新するゲームを通じてユーザーを囲い込み、
それと同時にリアル店舗への誘導を果たすサイクルを構築します。

アプリで提供するゲームは、クイズゲームや脳トレ系ゲームなど、出題内容を更新する
だけでバージョンアップできる仕様で設計すれば、運用コストも押さえられると同時に
ユーザーとの定期的なコミュニケーションが可能となります。

スマートフォンアプリほどシンプルなシステムではありませんが、総合的にユーザーとの
コミュニケーションを構築している好事例として、TSUTAYAの『T-SITE』があります。

言わずと知れた、カルチュア・コンビニエンス・クラブが提供するポイントシステム
「Tポイント」を軸としたサービスの会員サイトで、様々なサービス形態を取り入れて
巨大な会員サイト(+スマートフォンアプリ)に成長しました。

このサイトは言わば、ユーザー囲い込みの「巨大な見本市サイト」です。

昨年、TポイントはYahoo! ポイントとの統合を果たし、増々多くのサービス連携を
推進しており、ポイントサービスとしても世界最大級の規模になりました。
T-SITEのサービスメニューは、以下のようになっています。

1、Yahoo! JAPANで貯める:Yahoo! 各種サービスで支払うとTポイントが貯まる
2、ゲームで貯める:各企業の広告枠でゲームを提供、遊ぶとTポイントが貯まる。
3、クーポンで貯める:Tモールに出店しているクーポンサイトでTポイントが貯まる。
4、ネットショッピングで貯める:連携するネットショップで買うとTポイントが貯まる。
5、登録・資料請求で貯める:会員登録/資料請求サイトに登録するとTポイントが貯まる。
6、申請して貯める:購入した商品に付属するシールから申請するとTポイントが貯まる。
7、口コミで貯める:食べログなど口コミサイトで投稿するとTポイントが貯まる。

T-SITEではこのような大規模でユーザーとのコミュニケーションを果たしながら、
ユーザー囲い込みの範囲を次々と拡大しています。

これらはもちろん、ひとつひとつのサービスを切り出せば、「スマートフォンアプリ」でも
全て可能なサービス形態です。

今回はゲームのみならず、「ユーザー囲い込み」の視点からも、他社事例をご紹介してみました。

皆さんもアプリとWEBを組み合わせて、面白いO2Oの販促を実現してみたいと思いませんか?

当社では簡単なゲームの企画はもちろん、iPhone / Androidアプリの開発、スマートフォンサイト制作、それらコンテンツのデザイン、サーバー構築、保守運用までワンストップでお引き受けすることが可能です。

O2Oメニュー<2nag(つなぐ)>のカスタムは自由自在。

是非ともお気軽にご相談くださいませ。

詳しくは、<2nag.jp(つなぐ)
資料請求は、2nag@essentia.co.jp まで


このシリーズの連載は、今回で終了とさせていただきます。
ご拝読ありがとうございました。

また別のテーマでO2O/ソーシャルメディアを活かした販促など、
目新しいサービスのご紹介を中心に発信していきたいと思います。


2013年7月10日

O2Oの販促はスマートフォンから [2] ~最近のO2O事例紹介~

当社では新たな販促手法として話題の『O2O』メニュー<2nag(つなぐ)>を開始しました。
「イベント集客」「店舗送客」「販売促進」「話題喚起」「ユーザー囲い込み」等の目的を果たす
手段として当社O2Oメニュー<2nag(つなぐ)>をご活用ください。

前回は「O2Oとは何か?」をご説明いたしましたが、今回はそのO2Oという考え方をフルに活かした最近の代表的な事例をひとつご紹介いたします。
ファストファッション「g.u.」のスマートフォンアプリ「ジーユーアプリ」によるO2O販促です。

このアプリでは毎月、簡単なゲームに参加するとクーポンがもらえたり、
商品が当たったりするキャンペーンを実施しています。


■実施例:

1月=おみくじ
・・・アプリを5回以上振って出たおみくじの結果、990円ジーンズ無料引換券が当たる。

2月=スクラッチ
・・・ハートのイラストをこすると5人に1人、ランジェリー無料引換券が当たる。

3月=ARカメラ
・・・ロゴを撮影するとロゴ型のサイコロが出現、タッチすると100円割引券が当たる。

4月=音声認識
・・・画面を押して「キュッキュー」とマイクに話すと、きゃりーぱみゅぱみゅの壁紙がもらえる。

5月=スクラッチ
・・・母の日のカードをこすると5人に一人100円割引券が当たる+メッセージを母親に送れる。

6月=スクラッチ
・・・父の日のカードをこすると5人に一人100円割引券が当たる+メッセージを父親に送れる。


いずれも楽しみながらインセンティブがゲットできる仕組みとなっており、ターゲットユーザーである10~20代男女が「メディア」としてスマートフォンを活用することを想定したキャンペーンです。

ジーユーアプリでは、これらのキャンペーンコンテンツで遊んでもらうことにより、
「店舗送客」「販売促進」「話題喚起」「ユーザー囲い込み」の目的を達成しております。
アプリダウンロード数は、この施策以前の3倍、利用率は70%を超えるほどの大きな費用対効果を得るとなりました。

他にもジーユーアプリは、モバイル会員(アプリユーザー)向けに毎週セール品のクーポンを発行したり、自分の顔を撮影して、その写真が「ゆるキャラ」になるTシャツが購入できたり、多くの機能を、目新しく面白い企画に活かしたコンテンツとして多数投入しています。

もちろんこのアプリはO2Oの販促施策、WEB販促としてもかなりの最先端であることは間違いありませんし、コストもかかっています。
ですが、そのひとつひとつのアイディアは、それほどコストをかけなくとも実現できるのです。

皆さんもアプリとWEBを組み合わせて、面白いO2Oの販促を実現してみたいと思いませんか?

当社では簡単なゲームの企画はもちろん、iPhone / Androidアプリの開発、スマートフォンサイト制作、それらコンテンツのデザイン、サーバー構築、保守運用までワンストップでお引き受けすることが可能です。

O2Oメニュー<2nag(つなぐ)>のカスタムは自由自在。

是非ともお気軽にご相談くださいませ。

詳しくは、<2nag.jp(つなぐ)
資料請求は、2nag@essentia.co.jp まで


次回はゲームを取り入れたO2O販促キャンペーンについて解説します。

2013年6月26日

O2Oの販促はスマートフォンから [1] ~O2Oとは何か?~



エッセンティアO2Oメニュー<2nag(つなぐ)>サービスイン

弊社では、今話題の『O2O』をカスタムメニューとして販売するサービスを始めました。


それではまず、O2Oとは何か?と云うところから解説したいと思います。

Online(オンライン/WEB) to Offline(オフライン/現実)

オンラインとはWEBサイトやアプリなどと考えてください。
オフラインはその逆で、今我々が存在するリアルな世界のことです。

『O2O』と呼ばれる概念は上記の通り、オンラインからオフライン、すなわち、
WEB上で獲得したユーザーをリアルな店舗やイベント会場などに誘導すること
(O2Oマーケティングではこれを「送客」と呼びます)が考え方の起点となります。

現在では、この動線以外に

オフライン to オンライン
オンライン to オフライン to オンライン
オフライン to オンライン to オフライン

など、リアルからWEB、もしくは、いったんどちらかに行っても、また
もう一方に戻すような動線も含めて『O2O』と一般的に定義されています。

15年程前に流行ったクリック(WEB)&モルタル(リアル)と同じ考え方ですね。

『O2O』が販促手法として再度脚光を浴びた背景は『スマートフォン』が普及した事に他なりません。
それまではPCやフィーチャーフォンでは実現しにくかった、WEBとリアルの連動が、
スマートフォンの持つGPS、AR、NFCといった拡張機能によって、いとも簡単にクリアされました。
そして、スマートフォンの普及が進む現在、『O2O』は益々注目の販促手法となって進化しております。

一方で、『O2O』による施策を検討するにあたり、もしくはクライアントに提案するにあたり、
ノウハウが足りなかったり、高い制作費、開発費の負担に二の足を踏んでいるクライアント様は
数多くいらっしゃいます。

そこで、弊社では、低コストで手軽に導入できるO2Oメニュー<2nag(つなぐ)>を開始いたしました。

O2Oメニューのカスタムは自由自在、さらにキャンペーン展開に必要なWEBサーバーの手配、
LP制作、保守メンテナンスまで、高いコストパフォーマンスによる導入を支援いたします。

詳しくは、<2nag.jp(つなぐ)
資料請求は、2nag@essentia.co.jp まで


それでは、次回は身近なO2Oの事例を紹介していきたいと思います。

2012年8月24日

仕事を効率よくする便利ツール

今回は仕事の効率化を図るため、現在使用している様々なサービスやブラウザの拡張機能をご紹介します。

まずはFirefoxのアドオンから
Html Validator
こちらはコーディング作業で大活躍のアドオンです。
htmlを検証して、エラー(記述ミス等)を教えてくれるすぐれものです。
ここで吐き出されたエラーを解読し、正しいhtml表記になおしていきます。

FireMobileSimulator
こちらは携帯サイトやスマートフォンサイト作成の際に活躍してくれるアドオンです。
携帯ブラウザでの動作をチェックできるため、携帯端末のコーディングの際にはとても重宝しています。

ColorZilla
こちらはブラウザ上の色情報を取得できる便利ツールです。
デザインの際などに他サイトの色を参考にしたいときに便利です。

Pearl Crescent Page Saver Basic
資料やマニュアル作りの味方 キャプチャーツールです。
webページのスクリーンショットをjpgやpngで保存できるため、資料作りのさいのキャプチャ作業がらくらくできます。

続いてgoogleの機能
グーグルドキュメント
どこからでもアクセスができ、スプレッドシートや文章・プレゼンテーションが共有ができるため、大勢で作業するときにはうってつけです。

日々、便利なツールがでてくるのでそれらを片っ端からためしてみるのもなかなか楽しいですね。
うまく使えば非常に便利なので是非自分にあったサービスや拡張機能を探してみてください。

2012年6月29日

ゲーミフィケーションとは

ゲーミフィケーションについて


IT業界で2010年あたりから出回りはじめ、昨年には定着した「ゲーミフィケーション」という言葉。
いわゆるゲーム的要素を取り入れて、そのサービス全体を盛り上げようというものなんですが、最近この言葉がITの世界では成功の秘訣のように語られています。


ではこのゲーム的要素、つまりゲーミフィケーションとはなんなのかとなると、実は明確な定義があるわけではなくて、人によって考え方もさまざまなようです。

これは、ゲームの定義そのものがかなり広範囲に渡るためで、そのために明確な区分けができないからだと思うのですが、「楽しくする」という部分ではすべて共通していることでもあります。


ではこの「楽しくする」というのは、いったいなんなのか。
これが非常に重要なことで、ここにゲーミフィケーションのキモが隠されているんですね。


例えば、子供に足し算の勉強をやらせたとする。
おそらく勉強と聞くだけでイヤな気持ちになっている子供にとって、それは辛い仕事でしょう。

なのでこの無味乾燥な足し算の数式をパズルにかえて、「数字のパズル」として改めて見なおしてみるとどうでしょうか。
パズルを遊ぶ感覚で勉強できるようになるかもしれません。

また解けば解くほどなにかがもらえたり、算数博士レベルといった形でランク付けをして子供にもわかりやすいようにしてみたらどうなるでしょうか。

全員が、とまではいかなくてもそのままの数式を解いていくより楽しく感じてくれる子供が増えていくに違いありません。



きっとここに、ゲーミフィケーションの成功の秘訣があるんですね。

いままで義務だったもの、あるいはやらされていた感が強いもの、そういったサービスの中に、なにかがもらえたり、ポイントが増えたり、ランクで分けられたり、そういったコレクター性や競争意識が芽生えるものを付け足していく、そうすることでユーザーに楽しんでもらいながらあるサービスを利用してもらう、これがいま多くのサービスに求められている部分なんです。


もともとゲームというのは子供が遊ぶものという意識であったものが、最近では大人もゲームするようになり、ゲーム感覚というものが幅広く受け入れられるようになりました。

電車に乗れば、いっぱしのスーツをきたサラリーマンが携帯ゲームを必死にやっている光景も珍しいものではありません。

こういった層に「ゲーム的要素を不可したサービス」というのがすんなりと受け入れられるようになり、成功の秘訣となっているわけです。


「うちの商品があんまり売れない」とか「募集したのにぜんぜん利用してもらえない」、「サービス自体は決して悪いものではないのにリピーターがつかない」、そういった悩みを持っている方々にぜひ検討していただきたいのが、この既存のサービスを生まれかえさせるゲーミフィケーションという要素なのです。

2012年6月22日

Mozillaで学習

Mozilla Thimble
https://thimble.webmaker.org/en-US/editor

Mozilla ThimbleはMozilla製の一般ユーザによるWebページ構築を助けるツールです。
左側にHTMLを書くと、即時に右側にプレビューが表示されます。

そのほかにも右上のPublishボタンをクリックするだけでWeb上に公開することが
できたり、「Project」と呼ばれるテンプレートがいくつか用意されているので、一からコードをかかなくても、そのコードをカスタマイズして作成することも可能です。

また、文法のミスの指摘や推奨されるタグの提案までしてくれるので至れり尽くせりなツールです。

HTMLエディターとして気軽に利用ができるので、是非一度使用してみてはいかがでしょうか。

2012年4月10日

エイプリルフール

もう終わってしまいましたが、4月1日のエイプリルフールでは各企業が自社のサイトでいろいろおもしろいことを披露してくれていました。

映画.comではすべての文字が中国語に変わってしまったり、レンタルサーバーで有名なロリポップでは世界初のサーバーの栽培(!?)に成功したと書かれていたり、毎年いろんな手法で各社ともホームページを見てくれている人を楽しませてくれます。

特に、こういった遊び心が満載な会社のサイトは普段更新されているコンテンツも楽しく、アクセス数の増加にもつながっていますね。


さて、その中でも今回のエイプリルフールネタでひときわ輝いていたのが、みなさんご存知のあの検索エンジン「Google」。

なんと大ヒットゲーム「ドラゴンクエスト」とコラボして、Google Mapがあのドラゴンクエストのマップにかわってしまったんですね。






普段は場所を調べる程度にしか使用していなかったGoogle Map。
この日ばかりは世界中くまなく探しまわった人は大勢いるのではないでしょうか。

こういう既存のコンテンツをちょっと工夫しておもしろくするのは、Googleならではですね。


ちなみに、わがエッセンティアはいったいどんな姿になっているかと気になって調べてみたのですが。





残念なことになにもありませんでした……。
一匹くらいモンスターがいても不思議ではないんですけどね(笑)

2012年3月16日

「Yahoo!」のトップページに新コンテンツ

http://www.yahoo.co.jp/
15日より、Yahoo!のトップページ(PC版)に
Twitterでの注目のキーワードを掲載する「話題なう」というコンテンツが設置されました。

掲載位置は中央のトピックスの下にあり、
今注目されているキーワードが3つ表示されるようになっています。
キーワードをクリックすると、実際にTwitterで呟かれているキーワードを含むリアルタイム検索結果を見ることができます。

このコンテンツが設置されることにより、
Yahoo!のトップページを見るだけで今までのトピックスの情報を含め、
更により「今」話題になっている情報、世の中の動きを知ることができるようになると思います。
こうした「リアルタイム」を感じることができるコンテンツは、今後も増えてくるでしょう。

2012年2月7日

Google日本語入力

Googleといえば検索エンジンとして有名ですが、最近ではGoogleのwebブラウザ「chrome」やスマートフォン「アンドロイド」としても有名になりましたね。

その中でも、Googleの日本語入力支援ソフトはフリーウェアなわりにはかなり優秀です。

インターネット上から自動的に辞書を生成しているので、専門用語や話題の人名、はやり廃りの激しい流行語にまで対応する高い変換精度があり、非常に重宝するソフトです。


さらに便利な機能として、時間を打つときに「いま」と打ち込んで変換すると、現在の時間が出たり、「きょう」と打てば今日の日付が変換候補に出てくれます。

いま  → 21:00 21時00分 午後9時0分
きょう  → 2012/02/07 2012-02-07 2012年2月7日 平成24年2月7日 火曜日
ことし  → 2012年 平成24年 2012


また遊び機能も満載で、「おみくじ」と打てばその日の運勢がでます。
(小吉でした……)


他にも、固有名詞に特化している部分もあり、アニメのキャラクターもすぐに変換候補に出ます。
「どらえ」まで打てばすぐに候補に「ドラえもん」が出てきますし、「シャア」と打つと「シャア専用」が出る楽しさです。


もともと2009年に出たソフトなのですが、去年の12月、ついにアンドロイド版もリリースされました。


なお、この日本語入力ソフト、業務命令で作られたものではなくて、Google社特有の「20%ルール」(勤務時間の20%を自由に使って良いというGoogleの社内ルール)によって生まれたソフトでもあります。
つまり、Google社の方々が「作ったらおもしろいと思ったから作った」わけです。


こういう便利で楽しい機能が生まれるきっかけというのは、遊び心の中にこそあるのかもしれませんね。